teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


日名倉山リベンジ・アルツハイマー

 投稿者:昔ダンボ  投稿日:2015年10月30日(金)13時38分58秒
返信・引用
  9月28日、兵庫・岡山県境の日名倉山(1,047m)に6人(♂3,♀3)で登りました。2月に雪に阻まれ、麓で引き返したことのリベンジです。三宮から神姫バスを乗り継いで、エーガイヤ千種からのピストン。終バスに遅れまいと頑張って、しかも、しっかりとスギヒラタケも大量に収穫し、1時間前に下山できて、温泉で汗も流せました。標高差850m、5時間半の重労働でした。写真は、ミツマタの生い茂る杉林の林道、山頂での記念写真、スギヒラタケの群生。このキノコ、味噌汁、油炒めなどで旨かったのですが、最近、林野庁/農林水産省が毒があるから食べないでと注意喚起してることを知りました、後の祭りですが、毒による急性脳症もなく元気です。 しかし、とみにアルツハイマー症的なのは・・・・・・  
 

海の男は雪男

 投稿者:昔ダンボ  投稿日:2015年 4月24日(金)10時33分29秒
返信・引用
  旧聞ですが、2月19日に海の男の山本哲也君の初参加を得て、岡山県境の日名倉山(1,047m)を目指しました。ところが近づくにつれ雪が舞いだし、麓に着く頃は大雪、結局終日吹雪(?)で、国道429から夏場は結婚式場で賑わうベルピール自然公園までの進入路2km足らずを4時間近くかけて往復したのみでした。冷え切った身体はエーガイヤちくさで湯戻しし、海洋冒険談義を拝聴しましたが、海の男は雪男でした。

4月22日に同じメンバーで、山田錦の里の丹生山(515m)に新緑を求めてハイキングに行きました。そしたら雪男は今年の記録的な長雨だった菜種つゆのつゆ明け宣言をしてくれました。
 

残念!・・でした。

 投稿者:近藤  投稿日:2015年 1月14日(水)12時49分36秒
返信・引用
  シニアーライフの見本のような活躍、すばらしいコンサートになったことでしょう。さんし会の方々は本当に有難いものです。会員のいろいろな趣味や活動を、これからも皆さんが紹介してくださることを望んでいます。今回は所用で行けず残念。ともあれ平成27年の暮を楽しみにしています。”頑張って!ダンボさん”  

お礼

 投稿者:昔ダンボ  投稿日:2014年12月27日(土)20時50分18秒
返信・引用
  先日はアンサンブル・ミンネンの第13回定期演奏会に、多くのさんし会の皆さんがお越し下さり、綺麗なお花まで頂戴しまして大変光栄です。この場をお借りして、楽団のあれこれを報告してお礼に代えさせて頂きます。
 退職して始めたヴァイオリンの稽古も8年目ですが、たまたま友達の友達が垂水を拠点にしている市民楽団ミンネンの団員だったので、3月に第2ヴァイオリンに加えて貰いました。
 この楽団は、神戸の地震後立命館の音楽仲間が安否を尋ねるうちに、アンサンブルに発展した弦楽合奏のグループで、年1回の定期演奏会を開いています。2011年には第10回を記念し、管・打楽器の奏者も臨時に加わったフルオーケストラで、ベートーヴェンのエグモント序曲やピアノ協奏曲第5番「皇帝」などを演奏しています。その時の団員の平均年齢が70ウン歳、高齢になってから楽器を始めた方も多いとブログにあったので、古希記念にいいかぁと臆さずに入れて貰った次第です。
 練習は月3回、毎回4時間の長丁場で、終わるとさすがにぐったりです。始めはこわごわで、一音でも弾けるところだけ弾けばいいよ、という(年下の)先輩のお言葉を励みに、毎回同じ曲を毎回初見のようなおぼつかなさでしたが、回を重ねるうちに、一人で練習するのとは違い、人の音を聴きながらアンサンブルに仕上げていく楽しさがわかってきたようです。演奏会後の打ち上げ懇親会で、すぐさま来年の演奏曲目の候補が取りざたされました。皆弾きたい意中の曲があり、後期高齢者の意気込みには圧倒されます。
 添付の写真は砂川君が撮ってくれたものです。コンサートマスターが演奏中の撮影は困ると云うのを律儀に守って準備中の様子です。終了後演奏会場がさんし会ミニ同窓会の会場になりました。皆さん本当にありがとうございました。
 さて、来年は我々の年、年男・年女としてますます元気に活動したいものです。
 

旧聞ですが

 投稿者:昔ダンボ  投稿日:2014年10月21日(火)22時13分49秒
返信・引用
  永田君がタイから戻ってこられたので、帰国歓迎夏山登山を計画したのですが、大雨・台風で延び延びに、やっと9月11日に又剣山(またつるぎさん)に行ってきました(曇、小雨)。
奈良・五條から国道169号をひたすら南下、上北山村の河合から林道を小一時間、サンギリトンネルを抜けてしばらく走った所、国土地理院の地図にも名前すら載っていないという全くオタッキーな山(1,377m)、短時間で登れてしかも深山幽谷の気があるという先達のお言葉で、天気が良ければ雄大な大峰山系が見渡せるはずでした。帰路は例によって温泉立ち寄り。山頂付近から撮した、北西方向に特徴的な山容を見せる行者還岳と、北に延びる滝口尾根の向こうに霞む西大台方面の写真を添付します。
 

瓜田君、元気になってよかった

 投稿者:昔ダンボ  投稿日:2014年10月 5日(日)00時21分17秒
返信・引用
  瓜田君、山行復帰おめでとう。リハビリに随分努力されたのですね。
9月末に、八方尾根から入って扇沢まで後立を歩きましたが、
剱は周りから眺めるだけの憧れの山で、まだ一度も登っていません。
今年は紅葉が早いのか、山は錦でした。黒菱平から見た白馬三山、八方尾根上部から見た五竜と鹿島槍、そしてキレット小屋からの朝焼け剱を添付します。
 

剣岳

 投稿者:瓜田洋治  投稿日:2014年 9月16日(火)10時51分31秒
返信・引用
  今日は。  皆様、お元気ですか?  今年の夏は最悪でしたね。 20年ほど前のエルニーニョで冷夏、東北の米全滅、タイ米緊急輸入を思い出しますね。  そんな散々な夏、この秋やっまともな山歩きが出来ました。 剣岳はこれで6回目ですが、4回目の登頂です。 あとの2回は雨で断念。
今回も剣の後、大日岳をまわって四日間の天気に恵まれた山行でした。  頸椎症の手術から一応リハビリに励んでやっとまた山が歩けるようになった感じです。
大日小屋付近からの剣岳夕景です。
 

今日は

 投稿者:瓜田洋治  投稿日:2014年 5月23日(金)16時35分1秒
返信・引用
  赤松君、今日は。  なんだかこの「自由帳」を通じてメル友みたいになってきましたね。 それから、岩浅(もっちゃん)今日は。  2月1日のお誘いのお言葉ありがとうございました。 どうも見過ごしていてすみませんでした。 頸椎症の手術の後、またぼちぼち山を歩き始めています。 この1,2ヶ月はもっぱら奥多摩と丹沢です。  添付の写真は2週間程前の丹沢・鍋割山頂上からの夕暮れの富士です。
いつか、どこかの山で・・・
 

ハプニングの山歩き

 投稿者:昔ダンボ  投稿日:2014年 5月21日(水)23時04分59秒
返信・引用
  タイ・チェンマイから一時帰国されていた永田君を誘い、数年前から計画していた福井・岐阜・滋賀県境付近の夜叉ヶ池・三周ヶ岳にカタクリの花を見に行き・・・。ハプニング1:5月7日足慣らしに行った付近の鉢伏山で、禁止されている山菜採りを山主に見咎められ、血の気の多いお一人が大喧嘩。ハプニング2:5月8日、広野ダムサイトからの林道が3月の大雪後遺症のため閉鎖、急遽近くのホノケ山(=火の気山:昔、山頂で狼煙を上げた)に変更。これが意外や意外、ブナ林の新緑(写真1)、可愛い小鳥のさえずり(写真2)可憐な野草花(花の名前はモッチャンまで)、爽やかな5月の薫風、大満足の350歳でした。
 

投稿確認

 投稿者:近藤 修  投稿日:2014年 5月21日(水)18時32分51秒
返信・引用
  掲示板投稿に不具合が有ったため、確認中です。  

レンタル掲示板
/4