teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:一市民  投稿日:2015年12月10日(木)19時19分18秒
  あと何年生きることができるか判らぬが、ただただ前に進むのみ。  
 

欠陥マンションの行政責任

 投稿者:田舎カエル  投稿日:2015年10月29日(木)11時41分52秒
  欠陥マンションは北海道まで飛び火したようですが、
不思議に思ってならないのは建設を許可した行政側の責任は皆無でしょうか
又、どこまで責任を問えるのでしょうか?
どなたかお答え願いないでしょうか
 

(無題)

 投稿者:一市民  投稿日:2015年 9月18日(金)16時13分53秒
  日本は、どうなるんだ。  

(無題)

 投稿者:匿名  投稿日:2015年 9月 7日(月)13時14分49秒
  最近、東京が長くて失礼しております。
復帰した昨年末から真面目にやってきました。
また、ご報告も含めお伺いします。
お身体に留意されますよう。
 

気概

 投稿者:人間  投稿日:2015年 8月22日(土)10時15分58秒
  自民党の総裁選挙を見ていると政治家の気概や正義感を全く
感じられない、国民の6割以上が反対する国家の平和や
安全を脅かす法案が国民の心とは裏腹に国会の中では粛々と
通過の可能性が大きい実に心配である。
この様な政治家に国を任せて果して日本の将来は大丈夫か
大変心配である。百万といえど我行かんという気概のある
政治家が欲しいものである。
 

父の死

 投稿者:一市民  投稿日:2015年 8月21日(金)10時56分15秒
  6月に父が92歳の天寿を全うし、四十九日、初盆を済ませた。
死期を悟っていたのか、2月初めの入院時には身の回りの
整理を終えていた。
徴兵され戦地に赴き九死に一生を得、満州で終戦を迎え命
からがら引き上げてきて、戦後も浮き沈みがあったが、
人に頼らず己の力で道を切り開き生きた人生であった。

私の生き方の規範である。感謝の言葉しか見つからない。
 

諸行無常

 投稿者:人間  投稿日:2015年 8月18日(火)09時55分13秒
  人生において自らの死に向かい合う絶好の盆今までは季節の循環として
何の気なしにすどうりしていた盆
四日間床の中でテレビを見ていると終日戦争の悲惨な状況を放映している。
戦争に学ぶというけれどどれだけの国民が戦争の悲惨さを思い平和を願っているか
はなはだ疑問に思えて心配である。私はいずれ近い将来死ぬだろう。しかしこれは天命であり
寿命である。
しかし戦争で死ぬことは寿命ではない天命でもないしからば人知の限りを
尽くして戦争のない戦争をしない方策を真剣に考えないのか。
個人的には思い残すことはないただ感謝のみであるひたすら寿命の尽きるのを
待つのみである平和がいかに大切かみんなで考えてほしい
 

玉音放送 抜粋

 投稿者:田舎カエル  投稿日:2015年 8月13日(木)15時38分43秒
  残暑お見舞い申し上げます。
ネットで全文を聞いて好きなところ抜粋します。
朕ハ帝國ト共ニ終始東亞ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ對シ遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス帝國臣民ニシテ戰陣ニ死シ職域ニ殉シ非命ニ斃レタル者及其ノ遺族ニ想ヲ致セハ五内爲ニ裂ク且戰傷ヲ負ヒ災禍ヲ蒙リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ朕ノ深ク軫念スル所ナリ惟フニ今後帝國ノ受クヘキ苦難ハ固ヨリ尋常ニアラス爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ萬世ノ爲ニ太平ヲ開カムト欲ス
                   「御名 御璽」
 

生と死

 投稿者:人間  投稿日:2015年 8月 1日(土)13時18分9秒
  入退院を繰り返しまた熱中症の増える時期を迎えた。
下痢や吐き気に苦しみ急遽救急車でK病院に運ばれたが
14日で退院することになり周囲の者は喜んでくれた
しかし本人の気持ちは複雑である医師から告知された
内容は深刻なものであった。日ごろから生者必滅は
世の習い來るべきものが来たと自分自身に言い聞かせ
これからの生き方を真剣に考えなければならない
これからは一日一日を味わいながら一瞬一瞬を喜びに
代え感謝の日暮にして行きたい。
 

田植えの教育実習考

 投稿者:田舎カエル  投稿日:2015年 7月17日(金)15時40分42秒
   当熊本でも学校田や休耕田にて学童生徒による田植えの実習が行われてますが、
 稲刈りまでの世話のほとんどを父兄がしているようで、
 これでは今日の農業の実態は学べないのでは?
 無駄とは言いませんが一考の余地があると思います。
 少子高齢化の時代の移行と自由化の波がやってくれば
 米価は下がりこそすれ上がらないでしょう。
 生産性の低い地域が成り立たなくなる前に
 一案として川魚を放ち水生動物が育つ区域を作れば将来は観光にもなるし、
 立派な生物学習の場になると思いますが如何でしょうか
※現状は機械で田植えをして草が生えれば除草剤を撒いてるようです。
 道理でトンボが少なくなりました。
 ある人曰く
     形が良く美味しい蜜柑は農薬だらけで消費者の要望の結果だそうです。
 

レンタル掲示板
/44