teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:49/3201 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

卑弥呼さーん、お墓はどこに?(2)

 投稿者:歴ジイジ  投稿日:2022年 5月10日(火)23時08分45秒 M014013176067.v4.enabler.ne.jp
  通報 返信・引用
  卑弥呼さーん、お墓はどこに?(2)

きょう5月10日、退教協のバスツアーは、好天に恵まれ京奈和道を走り、卑弥呼の里(黒塚古墳と箸墓古墳)と長岳寺を訪れました。
さっそく、機関紙「つれもていこら」に感想文を送りました。

・~・~・~・~・~・~・~

新緑のバスツアーありがとう

退教協のバスツアーは、 皆さんと一緒に自然や文化に触れて楽しむことができ、何よりの喜びです。
この時期、新緑が輝き、身体も心も活気づけられます。
卑弥呼の里に行っても、卑弥呼に会えるわけではありませんが、想像力がかきたてられます。
黒塚古墳から出土の33枚の銅鏡を見て、ここに埋葬されていた人物はだれか、卑弥呼との関係などいろいろ想像出来、謎が深まってきます。
 魏の国から送られた100枚の銅鏡のうちの33枚なのだろうか。
 日本の各地で銅鏡がたくさん発掘されているが、送られてきた100枚とは別に魏の国から取り寄せた物ではないのか。
 あるいは、銅鐸などの銅製品を溶かして日本で制作した物ではないのか。・・・
 箸墓古墳は、現在は宮内庁により陵墓として管理されており、研究者や国民の墳丘への自由な立ち入りが禁止されているという。
常々思っているのですが、宮内庁管轄の古墳といえども国民の財産でしょう。
学術調査して国民に内容を明らかにすべきと。
徹底的に調査すれば、いろいろな謎が解けるでしょう。
銅鏡も出土するかも知れません。
卑弥呼や邪馬台国の謎にも迫れるかも知れません。

・~・~・~・~・~・~・~
※写真① 黒塚古墳
   ② 天理市立黒塚古墳資料館に設置されている石室の実物大模型 出土した銅鏡もその状態に置かれています。
   ③ 銅鏡のレプリカの展示
 
 
》記事一覧表示

新着順:49/3201 《前のページ | 次のページ》
/3201